文字サイズ

福岡県内の花粉情報

2024年2月13日(火) 発表

fukuoka

■コメント
2月13日は、南の風、晴れ。最高気温は16〜18℃。
2月10日朝から2月13日朝までの3日間平均のスギ花粉飛散数は、北九州1.0〜18.0、福岡1.9〜11、筑豊7.0〜7.4、筑後/cm2/日でした。

2月13日のスギ花粉は、北九州やや多い、福岡やや多い、筑豊やや多い、筑後少ない。

福岡県内全施設で飛散開始しました。気温上昇し、飛散が増加します。
県内眼科耳鼻科より、軽症の症状の方の受診が増えてきたとの報告です。
花粉症の方は、外出時にはメガネ、マスク等の対策をお勧めします。

スギ花粉初観測日:1月11日飯塚市、1月16日福岡市南区、1月22日行橋市、1月31日北九州市八幡東区、2月1日筑紫野市、糸島市、直方市、2月3日宗像市、2月5日豊前市、朝倉市、2月9日北九州市小倉北区、福岡市早良区

飛散開始日:2月5日北九州市八幡東区、2月8日豊前市、福岡市南区、9日福岡市早良区、宗像市、直方市、朝倉市、飯塚市、10日北九州市小倉北区、行橋市

初観測日(初捕集日):1月1日から初めて観測された日
飛散開始日:1cm2当たり1個以上が2日以上観測された最初の日

2024年から花粉飛散数のランクが改訂され、「極めて多い」(100個/日以上)が追加になりました。

2月14日は南および北東の風、くもり昼過ぎから夕方晴れ。最高気温は17〜19℃。

2月10日朝から2月13日朝までの3日間平均のスギ花粉飛散数は、北九州1.0〜18.0、福岡1.9〜11、筑豊7.0〜7.4、筑後/cm2/日でした。

2月14日のスギ花粉は、気温上昇し、北九州やや多い、福岡やや多い、筑豊やや多い、筑後やや多い。

福岡県内全施設で飛散開始しました。気温上昇し、飛散が増加します。
県内眼科耳鼻科より、軽症の症状の方の受診が増えてきたとの報告です。
花粉症の方は、外出時にはメガネ、マスク等の対策をお勧めします。

スギ花粉初観測日:1月11日飯塚市、1月16日福岡市南区、1月22日行橋市、1月31日北九州市八幡東区、2月1日筑紫野市、糸島市、直方市、2月3日宗像市、2月5日豊前市、朝倉市、2月9日北九州市小倉北区、福岡市早良区

飛散開始日:2月5日北九州市八幡東区、2月8日豊前市、福岡市南区、9日福岡市早良区、宗像市、直方市、朝倉市、飯塚市、10日北九州市小倉北区、行橋市

初観測日(初捕集日):1月1日から初めて観測された日
飛散開始日:1cm2当たり1個以上が2日以上観測された最初の日

2024年から花粉飛散数のランクが改訂され、「極めて多い」(100個/日以上)が追加になりました。

花粉数推移 (1週間前より)

北九州 福 岡
graph graph
筑 豊 筑 後
graph graph